基礎代謝向上

プラセンタで行う更年期障害の症状改善

女性の体のバランスは女性ホルモンの分泌との関係性が高くなっています。
女性ホルモンは、10代後半から20代前半に分泌のピークを迎えます。
そして年齢を重ねるごとにどんどん減少してしまいます。

女性ホルモンは、女性らしい体を作りあげるためには必要な成分です。
そのため女性ホルモンの減少を補うことで、女性らしい体を維持することができます。
しかし女性は結婚や出産をすることで、女性ホルモンhttp://project.fem.jp/b3.htmlのバランスが崩れやすくなっています。
中でも一番女性ホルモンの減少の影響を受けるのが閉経の時期です。

閉経は卵巣から排卵がなくなり、卵巣機能が一気に低下します。
卵巣機能が低下する前後5年ぐらいから起こるのが更年期障害です。
更年期障害は人によって症状が全く異なります。
日常生活であまり変化を感じない人、調子が良かったり悪かったりの浮き沈みが激しい人もいます。
またあまりもひどい症状によって、倦怠感やうつ病などによって自宅から出られない人もいます。

更年期障害の主な症状としては、疲労感、吐き気、めまいhttp://nagumiho.bambina.jp/6.html、睡眠障害、頭痛、うつ病、発汗などがあります。
精神的にも体力的にも更年期障害に悩まされてしまいます。
このような症状を軽減するためには、女性ホルモンバランスを整えることが重要です。

プラセンタには女性ホルモンのバランスを整える効果があります。
女性ホルモンのバランスが崩れてしまう更年期障害にはとても適しています。
実際に産婦人科などで、更年期障害の治療にプラセンタエキスが使用されています。
医療行為として認められているため、安心して摂取することができます。
医療行為であれば保険適応されるので、個人の負担額も少なく治療を受けることができます。

更年期障害に悩まされている人は、プラセンタのサプリメントやドリンク剤を毎日摂取することからはじめてみましょう。
それでも症状が改善されないときは、産婦人科に受診してより効果ていなプラセンタ治療を受けることがお勧めです。



このページの先頭へ