基礎代謝向上

医学の父・ヒポクラテスもプラセンタで対応

美容効果が高い商品がたくさん販売されている中で、今注目されているのがプラセンタです。
プラセンタは、日本語で胎盤を意味していて、赤ちゃんに栄養素を届けるために必要不可欠なものです。
たった数カ月で目に見えない受精卵から赤ちゃんにまで成長させるためには、多くの細胞分裂を繰り返します。
神秘的な成分は、アンチエイジングや自律神経やホルモンバランスなどに影響があります。

プラセンタは、サプリメントの普及と共に注目されている成分ですが、いつから有効成分について分かっていたのでしょうか。
実はプラセンタの歴史はとても古く2000年も前から、効果が期待できると分かっていました。
プラセンタを一番最初に使用したのは、医学の父と呼ばれたヒポクラテスです。

この時代の医学というと、迷信や呪術の要素が強く、科学的な証明などは行われていない場合がほとんどでした。
その中でヒポクラテスは、様々な著書を残し科学的な医学の証明を行ってきました。

ヒポクラテスはプラセンタを使用して、肌の傷の治療を行ってきました。
医師として科学的な根拠があるものとして、注目していました。
その頃からプラセンタには成長因子があり、細胞分裂を活性化するという効果が分かっていたと考えられています。

その後歴史上有名人物も愛用していることが分かっています。
中国の秦の始皇帝は、不老不死の妙薬として愛用していたことが分かっています。
またエジプトの女王のクレオパトラや楊貴妃も、アンチエイジングの一つの方法として使用していました。

プラセンタは今でこそアンチエイジング効果が高いことから注目されていますが、そのきっかけ作った有名人も多いです。
美しい美貌の持ち主でもある、マリリンモンローやオードリーヘップバーンらが、健康目的や美容効果を求めて使用していました。
医学の父であるヒポクラテスが注目したからこそプラセンタへの注目は早く、今の医学の進歩につながったといえます。

このページの先頭へ