基礎代謝向上

プラセンタがもっている成分の品質比較

プラセンタは、哺乳類の数だけ種類があります。
どれも同じだと思いがちですが、実は動物の種類によって成分が異なります。
そこで私たちが摂取できるものはどのようなものあるのでしょうか。

私たち人間が摂取できる種類としては、ヒト、ブタ、ウマらのプラセンタが主な種類になります。
更年期障害の治療は保険適応になるため自己負担は少なくなります。
高度な医療行為ほど効果や価格も高くなります。
サプリメントは原材料がブタよりもウマのほうが高くなります。
まずヒトプラセンタは、健康状態がいい妊婦酸の胎盤使用しています。
もちろん胎盤の感染症やその他の病気などをしっかり検査して、安全が確認できたものを使用しています。

ヒトプラセンタは、医療機関でしか摂取することができない種類になります。
産婦人科で更年期障害の治療として医薬品として認められ使用されています。
更年期障害以外で摂取する場合は、保険適応外で自由診察となるため、高額になる場合が多いです。

そのほかのブタやウマに関しては、サプリメントやドリンク剤の原材料として使用していることが多いです。
ブタとウマの場合、ウマプラセンタの方が高額になっています。
それはブタの胎盤は一度に何匹も出産するため、胎盤自体が薄く栄養素が低くなってしまいます。
また一年に数回出産するため、多くの胎盤を確保することができます。

それに比べてウマの胎盤は一年に一度、一匹しか出産しないため胎盤が厚く栄養素がたくさん残っています。
ウマの中でも厳しい環境のもと、徹底した管理で飼育されたサラブレッドの胎盤は最も価値が高いといわれています。
サラブレッドの胎盤とブタの胎盤ではアミノ酸の含有量が200倍近く優れていていることが分かっています。

プラセンタを初めて取り入れる人は、継続的に続けるために手軽に始められるブタプラセンタを選ぶ人もいます。
それに対して老化現象に対して即効性を感じたい人は、馬プラセンタを選ぶようにしましょう。
品質や成分の内容も、原材料によって異なるため、摂取方法を決めて一番効果的なものを選ぶようにしましょう。

このページの先頭へ