基礎代謝向上

アトピー性皮膚炎に欠かせないプラセンタ

アトピー性皮膚炎の症状は、かゆみや湿疹が長期間にわたって続いてしまいます。
さらにかゆみに耐えられず、引っ掻いてしまって肌を傷つけてしまう場合が多いです。
症状を悪化させてしまうことにつながり、アトピーの改善に繋がりにくくなってしまっています。

そのままの状態が続くと、肌が変色したり硬くなってしまったり見た目に大きな影響が出てきます。
特に子供で重症化してしまうアトピー性皮膚炎は見ているととても辛く感じます。
幼い子供の場合は、かゆみなどを我慢するのが難しいため、完治も遅くなってしまいます。

そこでアトピーの体質改善に効果的なものとして、注目されているのがプラセンタです。
プラセンタは日本語で胎盤を意味します。
胎盤と聞くとあまり接点がないように感じますが、野生の動物にとって胎盤はとても重要な役割をしています。
それは、体力回復させる効果です。

出産は命がけで行うため体力の消耗や出産による出血や傷などを早期回復することが重要です。
その早期回復に一番有効的なものとして選ばれているのがプラセンタです。
出産後に自分の胎盤を食べる習慣があり、疲労回復や本来の自然治癒力を高める働きがあります。

アトピー性皮膚炎に悩んでいる人の多くは、皮膚が大きなダメージを受けて炎症を起こしています。
そんな肌にプラセンタの栄養素を与えることで、疲労回復や自然治癒力が高まります。
さらにプラセンタには抗炎症作用があることが特徴です。
アトピーの悩みでは欠かせないかゆみ止めの効果も期待できます。

そして何よりプラセンタには、成長因子が含まれていて細胞分裂を活性化させる効果があります。
そのため、新しい細胞を次々を生み出していき、ダメージを受けてしまっている肌を老廃物として排出することができます。
この状態が続くことで、きれいな肌が表面上の多く残るようになり、アレルギーの症状が緩和されます。
早い段階で行った方が、肌への負担もすくないため肌の仕上がりがきれいな状態になることが多いです。

このページの先頭へ